キャッシング 保証人 審査

キャッシングでの審査の基準と他社からの借り入れ

キャッシング審査

キャッシングの申込みをすると、審査が行われます。審査にて合格でしたらその金融商品を利用する事ができますが、不合格の場合はお断りという事になります。

ところで審査ではどのような点が見られるかというと、他の会社からの借り入れ状況です。例えばAという金融会社に対して、申し込みをしたとしましょう。その金融会社に申し込む数年前に、B社から借り入れをしているとします。
このときA社では、B社での借り入れ状況はどのようになっているのかを調べる事ができるのです。
その時に重視される点の1つは、延滞の有無です。
もしもB社で支払いに遅れていたような場合には、A社では不合格になるケースがあります。
審査で不合格になる事例で最も多いのは、この他社の借り入れ状況と言われています。
そして延滞は今後の申し込みに影響する訳ですから、この金融商品を利用する時には延滞が発生しないように気をつけた方が良いでしょう。返済期日を守るのが一番大事です。

キャッシングの各商品により異なるお金を借りるまでの早さ

融資までの速さ

キャッシングという商品を提供している金融会社は、多数あります。各商品にはそれぞれ違いがあるのですが、その1つは融資に至るまでのスピードです。

基本的に消費者金融などによるキャッシングの場合は、スピードが非常に早いですね。例えば9月10日にキャッシングの申し込みをしたとしましょう。消費者金融などの場合は、その9月10日中にはもう借り入れができるケースが多いです。17日や20日などではありません。いわゆる即日の融資が可能という訳ですね。
しかし金融会社によっては、もう少し日数を要する場合があります。上記のように17日や20日などになる会社も、中にはあるのです。というのも審査にちょっと時間がかかったり、カードの郵送に若干の日数を要する場合があるからです。長ければ、1ヶ月程度かかる会社もあります。
このように金融会社により、お金を借りる事ができるまでのスピードが異なる訳です。そのスピードは、商品を選ぶ基準の1つになるでしょう。

果たしてキャッシングでは保証人は必要か

保証人

人々が何かを借りる際には、保証人が必要になってくる場合があります。例えば住宅物件などは、その1つです。住宅を借りる際には、必ず審査が発生します。その審査では、保証人の収入状況などが見られるケースが多いです。果たして保証人の収入は安定しているか等を見られるケースが多々あります。

ところでキャッシングというサービスは、もちろんお金を借りる事になります。ではそのサービスの場合は保証人は必要になってくるのかというと、不要です。
現にその点は、各金融会社のホームページを見ても明らかです。各会社のホームページにはその融資商品の概要などが記載されているのですが、たいてい保証人は不要と明記されています。
ただし、中には例外もあります。申し込み者の収入がかなり厳しい状況でキャッシングの申し込みをしたい場合などは、保証人を立てると審査に通りやすくなる事例もあるからです。もっとも事例はかなり少ないのですが。
そのような例外もありますが、基本的にキャッシングでは保証人は不要です。